孫との旅行はクルーズ船で

クルーズ船という選択肢も

3世代あるいはおじいちゃんと孫など、孫世代を連れた旅行が注目されています。近年では育児にかかわる男性も増えてきましたし、イクメンという言葉があるように、男性も育児に参加する時代となっていますが、かつては男は外で働き、女は家で家事に子育てという図式だったため、特に祖父世代は子育て経験がない分、孫に対して愛情を注ぐケースが増えているのです。そんな中、孫を連れた旅行というのが注目されています。旅行の選択肢としてホテルに宿泊するだけのものでなく、クルーズ船旅行も人気があります。クルーズ船での旅行は寝たままでも移動できることや、寄港先では荷物を置いたまま観光地に足を運べるので体への負担が少ないのがメリットです。船内でも生演奏やショーなどイベントも多く、外国船では子供用のプログラムも豊富です。

短期から長期まで濃密な時間を

クルーズ船は船ごとにさまざまな魅力があり、海を眺めながら入れる露天風呂つきのものなどさまざまな施設が備えられています。料金は船内の施設利用料も含まれて、安いものでは1泊あたり1万円台からというものも多いです。外国船は子供向けのプールに、大人用のゴルフ場やみんなで楽しめるアイススケート場などスケールの大きな施設が多くなっています。1日だけの旅行はもちろん、就学前の孫と祖父母世代だけの旅行や親世代が長期休暇をとって1週間近く濃密な時間を過ごす旅行まで、幅広いプランニングが可能です。託児所があるクルーズ船もあるので、一息つく時間も確保できとても便利です。ちょっと変わった旅を楽しみたいときなど、ゆっくりと海の上で過ごすクルーズ船の旅は思い出作りのひとつの選択肢となります。

余暇