準備からが旅行!少ない荷物で上手に荷造りする方法

多くなりがちな荷物を減らす方法とは

旅行の準備をしていると、念のため…とついつい荷物が多くなりがちです。荷物が多いと重くて運ぶのが大変になり、必要な物がすぐに見つからなかったりお土産が入らなかったりと不便な思いをします。ではなぜ荷物が多くなるのか?それは、心配や用心のため使わない物まで入れてしまうからです。また、バッグが大きいとつい詰め込んでしまいがちです。入れるものや旅行の内容によってバッグを選びましょう。旅行ならスーツケース、観光ならボストンバッグで十分です。また、旅行雑誌やガイドブックは意外と分厚く場所を取ります。切り抜きやコピーを持って行ったり、写真やアプリなどを使って荷物を減らしましょう。最も重要なのは、一番かさばる洋服をいかに減らせるかです。いつ何を着るのかコーディネートした上で、必要な分だけ持って行きます。また着回ししやすいよう同系色でまとめたり、旅先で洗濯するのも良いでしょう。

かさばらずコンパクトに荷造りするには

せっかく減らした荷物を適当に詰めてしまっては意味がありません。取り出しやすくコンパクトにまとめましょう。まず詰める前の準備として、衣類は左右を折りたたんで下からクルクル巻いてたたみます。しわになりにくく、小さくなるので隙間埋めにも使えます。化粧水などの液体入りボトルは重くなってしまうため、旅先で借りるか小さなボトルに移し替えて持って行きます。次にパッキングをしていきます。ネットポーチや洗濯ネットなどジッパー付きの袋に収納しましょう。荷物を小分けにすることができ、メッシュ状で中身が見えるため、目的の物が見つかりやすくなります。冬物衣類などかさばる物は圧縮袋を活用しましょう。バッグに収納する際は重い物から積め、隙間は服などで埋めて中身を固定します。キャリーバッグの場合は、ふた側に軽い物を詰めると開け閉めが楽になります。出発の時点からバッグがいっぱいということにならないよう気をつけましょう。

世界旅行博